トラブル事例の多い外壁工事が初めてでも安心!基本情報を押さえてスムーズに工事をしよう

外壁工事において、トラブルが発生することがありその主な原因は以下のようなものがあります。 外壁の工事において施工不良があると、外壁の防水性能や強度が低下してしまい、建物自体が傷ついたり、雨漏りが発生することがあります。 納期の遅れも考えておかなければいけません。この工事には、工期が設定されている場合があります。そのため、工期が遅れた場合には建物自体が傷ついたり、建物の使用に支障をきたす可能性がありますので注意が必要かもしれません。

トラブル事例の多い外壁工事が初めてでも安心!基本情報を押さえてスムーズに工事をしよう

施工不良による劣化や漏水も気をつけなければいけません。
外壁工事が不適切に行われた場合、劣化や漏水などの問題が発生する可能性があります。
特に、外壁の防水処理が不十分であった場合、雨漏りが発生することがあります。
安全対策の不備による事故も頭に入れておきましょう。
外壁工事中に足場の設置や落下防止対策が不十分であった場合、事故が発生する可能性があります。
特に、高所作業の場合は、安全対策を徹底する必要があります。
納期遅延や工事中止の問題も考えておきたいところです。
外壁工事が遅れたり工事が中止されたりすると、工事費用の増加やトラブルが発生する可能性があります。

定期的に建物の外壁工事をしなければいけない理由

建物の外壁工事が定期的に必要な理由は次の通りです。
まずは防水性能の維持が挙げられます。
外壁は建物の防水性能を担っているからです。
時間が経過するにつれ外壁材料に亀裂や劣化が生じ、雨水や湿気が建物内部に侵入する可能性があります。
外壁工事によって、防水性能を維持することができます。
次に安全性の確保です。
外壁の劣化や破損は、建物の安全性にも影響を与えます。
特に天候の悪化や地震などの自然災害が発生した場合には、劣化した外壁が崩落する危険性があるでしょう。
外壁工事によって、建物の安全性を確保することができます。
また、断熱性能の向上も可能です。
劣化した外壁は断熱性能が低下し、建物内部の温度管理に影響を与えてしまうので注意しなければなりません。
最後に外観の美観維持です。
建物の外観は、周囲の景観や建物の価値にも影響を与えます。
汚れや劣化が生じると、建物の美観が損なわれ周囲からの評価が下がる可能性があるでしょう。

外壁工事で建物をリフレッシュできるまでの流れ

外壁工事は最終的に建物の見た目、機能共にリフレッシュできるわけですが、それまでの道のりや流れはどのようなものでしょうか。
外壁工事はまず足場の設置に始まり、シートを施工して水や塗料が飛散しないように備えます。
次に高圧洗浄によって外壁の汚れが洗い流され、乾いてから下地の確認や処理となります。
下地の確認というのはひび割れやへこみがないか目視によるチェックのことで、必要に応じて手作業で埋められます。
下地作りが不十分だと、塗料が密着せずに浮いてしまいますから、この作業はとても大切です。
次に塗料が付着しないように塗装しない部分に養生をして、下塗りと中塗りや上塗りの工程を進めていくのが一般的な外壁工事の流れです。
壁材の張り替えも基本的には塗装と同じような工程で進められますし、作業を終えたら確認して、足場の解体と撤収が行われるのも共通です。
いずれにしても、外壁工事は複数の工程によって成り立っていますから、1つ1つ手を抜かずにしっかりと作業をする業者に任せることが大事ではないでしょうか。

暖かい春は外壁工事のベストシーズン

暖かい春は外壁工事に最適な季節です。
外壁塗装を行うには温度や湿度などの気象条件が重要であり、春の気候はその条件を満たしています。
春には気温が比較的安定していて乾燥していることが多いため、外壁塗装の乾燥に適した環境が整っています。
また夏や冬に比べて雨が少なく、塗料が乾きやすいこともメリットです。
さらに夏に比べて風が弱く塗料が風に飛ばされたりすることが少なく、外壁塗装の品質を高めることができます。
しかし外壁塗装業者の予定が埋まってしまうことがあるため、早めの相談や予約が必要となります。
花粉症の方にとっては辛い季節でもあるため、マスクの着用など対策が必要です。
気候のよい春は外壁工事にとってベストシーズンであり、品質の高い外壁塗装を行うためにも、早めの計画と対策が必要となります。
暖かい春は外壁工事に理想的なシーズンです。
業者の予定が埋まってしまうことがあるため、早めの相談や予約が重要であることを覚えておきましょう。

外壁から発せられる外壁工事が必要なサイン

外壁は建物の中でも面積が大きくてダメージを受けやすいことから、発せられるサインを捉えて外壁工事をすることが大事ではないでしょうか。
外壁工事の目安となるサインには主に、色や光沢、質感といった変化が挙げられます。
色の変化はいわゆる退色が代表的なもので、特に色が抜けやすい赤系の変化を見ることをおすすめします。
直射日光が当たる面と影になる面を見比べて、明らかに差がある場合は要注意です。
一方、光沢感の低下もやはり、塗装の劣化を知らせるものですから、表面がガサついて新築の時とは比べ物にならなくなったら外壁工事の検討を始めたいところです。
そして質感も外壁工事を考えるべき切っ掛けの1つで、具体的には塗装が粉を吹いたり、ひび割れが見られる場合に注意が必要です。
触れると手に粉がつくような状態は、塗料が分解され劣化していることを示しており、そのまま放置をすると建物にダメージが伝わりますから、ひび割れも含めて早めに修繕するのが望ましいのではないでしょうか。

トラブルのリスクが高い外壁工事の訪問営業

トラブルのリスクが高いといえばやはり、外壁工事の訪問営業が挙げられるのではないでしょうか。
訪問営業自体は珍しくありませんが、しかし突然アポなしでの訪問は明らかな営業目的ですから、契約を取るつもりで攻勢が掛けられる可能性が高いです。
外壁工事は安い買い物ではありませんが、突然訪問して営業を始める人は、トークで必要性を説いたりその気にさせようとします。
つまりじっくりと考えて検討する暇を与えず、すぐに契約書にサインを迫るかのように外壁工事の必要性を説いてくるわけです。
その時は確かに必要と感じても、後で考えてみると実は急ぐ必要はなく、他社と比較して選んでも遅くはなかったと後悔することになり得ます。
外壁工事は営業マンの話を聞いて決めるよりも、自分で情報を集めて比較検討しながら、相談する業者選びをするのが望ましいです。
自分から問い合わせたり相談を行えば、契約を迫るトークは考えにくいですし、むしろじっくり話ができて冷静に検討を進めることができるのではないでしょうか。

絶対にチェックしたい外壁工事業者の施工実績

外壁工事業者を比較検討して選ぶ場合は、これまでの施工実績に目を向ける必要があるのではないでしょうか。
施工実績というのは数字にもあらわれるものですが、過去何年間に何件以上、1年あたり何件といった形で確認できます。
数字を公表していない外壁工事業者はNGですし、尋ねても具体的な数字を教えてもらえないとしたら論外です。
逆に、実績の重要性を理解していて自負もしている業者は、外壁工事に関する様々な数字を公表しているものです。
会社が設立された年や設立から経過した年数、売上高などの情報も公表していることが多いです。
外壁工事は決して安い買い物ではありませんから、高額な買い物も信頼して任せられる相手を選んで購入することが大切です。
あらゆる情報を公表している業者はオープンな姿勢だと分かりますし、これなら任せても安心の可能性が高いです。
勿論、何事にも絶対はありませんし、最終的には自分の判断で決めることになりますが、少なくとも十分な判断材料があれば納得して決められるのではないでしょうか。

外壁工事の料金は相見積もりで比較する

安い買い物ではない外壁工事を検討するなら、いわゆる相見積もりで相対的に比較して、どこに任せるか業者選びをすることが肝心ではないでしょうか。
外壁工事のように最低でも数十万、100万円以上が当たり前の買い物は、後悔のないようにじっくりと検討して決めるのが望ましいです。
その判断材料になるのが見積もりであって、複数の業者に同一の条件で依頼して金額を提示してもらう相見積もりこそが、比較検討のポイントになります。
業者の数は多ければ多いほど良いですが、多過ぎると比較が大変なので、5社前後を目安にするのがおすすめです。
5社を相対的に見比べてみれば、平均的な料金と最安と最高値が分かりますから、候補の絞り込みが容易になります。
ただ、見積もりが簡易的なものだと後で金額が変わる恐れがあるので、可能な限り最終的に提示される金額を比較して決めたいところです。
外壁工事は安過ぎても不安が残りますから、平均を基準に現実的な価格を提示する、安い業者を選ぶのが正解ではないでしょうか。

外壁工事でも重要な営業マンとの信頼関係

外壁工事で重要なポイントはいくつもありますが、営業マンとの信頼についても軽視できないのではないでしょうか。
営業マンとはつまり外壁工事業者の窓口であり接点ですから、関係性が重要なのは言うまでもなく、良好な関係を築いた方が良いのは誰でも容易に想像がつきます。
仮にもし信頼を軽視したり関係の構築を疎かにすると、やはり顔を合わせる度にギクシャクしたり、意思疎通がスムーズにいかないと考えられます。
外壁工事に限らず、人と人の関係は物事を進める上で重要ですから、信頼を重視して構築を図りたいものです。
良好な間柄になることができれば、外壁工事のやり取りも滞りなく進められますし、こちらの希望を伝えたり理解してもらいやすくなります。
認識の食い違いが発生しても、伝えれば分かってもらえますから、喧嘩になることもありませんし、しっかり準備や作業が進められます。
現場作業をする職人さんとのコミュニケーションも大事ですが、営業担当とも早めに良い距離感を見つけたりやり取りをした方が、結果として満足の工事が実現するのではないでしょうか。

お客さまに安心を提供する外壁工事の保証体制やアフターフォロー

外壁工事では施工にあたって塗料の種類を選択し、必要におうじて足場を組むなど家の規模や構造などにもよりますが、それなりの期間が必要でまとまった出費になります。
施工作業の多さや面積の広範さを踏まえると、施工完了直後には分からなかった不都合も時間経過であらわになることも珍しくありません。
具体的には、施工作業の過程でミスがあり不具合がでてくるケース、あるいは使用した塗料に不良品があり仕上りに想定外の異常が発見されるなどを指摘することができます。
そのため外壁工事では施工後もアフターフォローが附属していることが多いようです。
外壁工事完了後、数ヶ月ほど経過してから、施工箇所の不具合の有無を確認したり、その後は定期検査でクラックなどの異常がないかを無料で確認するというものです。
アフターフォローの永さはメーカーにより異なりますが、一定期間経過後も有償で長期にわたってフォローするサービスを提供する会社もあるようです。

外壁工事を始める前に近隣には必ず挨拶をしよう

外壁工事に限らず住宅に関する工事は騒音だったり、粉塵などが発生することがあるので、迷惑を掛けることから近隣には挨拶を済ませておくことが大事ではないでしょうか。
外壁工事は足場づくりから始まり、高圧洗浄や下地作りといった工程で作業が進められるので、騒音を発生させないのはまず無理です。
機械を使わない作業であっても、作業者同士が大きな声でコミュニケーションを取りながら作業をしますから、やはり近隣には少なからず迷惑を掛けてしまいます。
業者はそれを理解しているので、近年は施主に代わって近隣の住宅に足を運び、挨拶する業者も珍しくないです。
外壁工事は塗料が飛散することもりますから、飛散防止の対策を行うことが求められますが、万が一のトラブルを考えてその点を近隣に周知しておくことも大切です。
いずれにしても、誰にも迷惑を掛けない外壁工事は不可能ですから、足を使って住宅を周り、作業の内容や日程などを伝えて理解を得ることが肝心ではないでしょうか。

シンプルな形状の建物ほど費用が安くなる傾向がある外壁工事

外壁工事とは家の外壁を修繕する工事の総称です。
外壁は雨風や紫外線などによって劣化していくので、定期的にメンテナンスが必要です。
外壁工事には塗装工事やサイディング、タイル張りやモルタルなどがあります。
防水性や耐久性を高める効果もあります。
張り替えは外壁の素材を取り外して、新しい素材に張り替えることを意味しています。
外観や機能性を大きく変えることができます。
重ね張り工事は既存の外壁の上に新しい素材を重ねて張ることです。
既存の外壁を傷めずに断熱性や遮音性を向上させることができます。
このように様々な種類があるわけですが、実際に行うとなると、やはり人間の力だけでなく、自然の力などの重要になります。
具体的にどのようなことかと言えば、例えば雨などが降った場合の金が工事が進まないといった内容がこれに該当するでしょう。
雨が降った場合は工事が中止になる可能性がありますので、その点はよく理解しておかなければいけません。

外壁工事と同時にすると安くなる屋根工事

外壁工事は何かと費用が掛かる高い買い物ですが、屋根工事も同時に依頼すれば安く抑えられるのではないでしょうか。
理由としては、2つの工事には足場という共通の資材、工程があって手間とコストが削減できることが挙げられます。
2つの工事が別々だと、足場の組み立ても解体もそれぞれ行う必要がありますが、外壁工事と屋根もセットなら1回で済みます。
この足場というのもコストを考えると馬鹿になりませんし、1回で済ませられるならその方が合理的です。
外壁工事と屋根工事は他にも、作業工程や塗料などの共通点があります。
どちらも塗装を始める前に洗浄を行い、下地を作る必要があるのが共通のポイントです。
洗浄後は水分が乾くのを待つ必要がありますから、その間に他の部分も洗浄をすれば、効率良く作業が進められます。
乾燥は塗装工程にもあるので、洗浄と同様に並行して効率的な作業が実現します。
だからこそ外壁工事と屋根はセットで依頼するべきですし、共通点を上手く活用することでコスト削減が図れるのではないでしょうか。

外壁工事の塗料を選ぶときの注意事項

外壁工事は外壁の塗装膜が劣化することを配慮して、概ね10-15年に一回ほどのサイクルでくりかえすのが理想的とされています。
規模や足場の有無、複雑な構造などの事情にも左右されますが、相応の出費が必要になるので自分のニーズを踏まえて最適の塗料を選択することが求められます。
顔料と溶剤・添加材で構成されるわけですが、機能性や強靭さ・価格帯などにより違いがあります。
外壁工事で使用されるのは、シリコン・ウレタン・アクリルの3種類に大別することができます。
外壁工事で主流になっているのはシリコンとウレタン素材です。
ウレタンは木から金属まで塗ることができる汎用性の高さがメリットで、伸びがよく使い勝手がよいのがメリットです。
シリコンはウレタンを上回る耐久性と、価格も比較的リーズナブルなことから現在では最も使用されています。
アクリル素材は絵画でも利用されているように、塗装幕が貧弱で耐久性にかけることから最近ではほとんど使用されていません。

建物の長寿命化には外壁工事が必須

建物の長寿命化を考えるとやはり、外壁工事は必須で避けて通れないのではないでしょうか。
外壁工事は傷んだ外壁の改修が目的ですから、工事をしなければ傷む一方で建物はボロボロになってしまいます。
これは何も見た目だけの話ではなく、機能面にも関わる重要なポイントで、ボロボロを放置すれば建物は加速度的に劣化します。
傷んだ壁というのは雨水の浸入を許しますから、塗装が大幅に劣化していたり、小さくてもひび割れが見られる建物には注意が必要です。
適切に外壁工事をすれば、ひび割れを補修した上で塗装でコーティングされますから、結果として長寿命化に繋がります。
塗り替えたばかりの塗料は雨風を始めとして、紫外線や排気ガスなども通さないので、改修と合わせて良好な状態が長く保てます。
外壁工事をしないのは論外ですし、それは塗料だけでなく壁材の張り替えを含めて、耐用年数を迎えそうになったらしっかりと検討したり、具体的な計画を立てて準備を始める必要があるのではないでしょうか。

外壁工事に関する情報サイト
失敗しない外壁工事

外壁工事において、トラブルが発生することがありその主な原因は以下のようなものがあります。 外壁の工事において施工不良があると、外壁の防水性能や強度が低下してしまい、建物自体が傷ついたり、雨漏りが発生することがあります。 納期の遅れも考えておかなければいけません。この工事には、工期が設定されている場合があります。そのため、工期が遅れた場合には建物自体が傷ついたり、建物の使用に支障をきたす可能性がありますので注意が必要かもしれません。

Search